任意整理とは?そのメリットとデメリット

任意整理とは、裁判所を通さずに借金を減額する手続きの事です。弁護士や司法書士等の専門家を通して金融業者と交渉を行なうのが特徴の手続きです。

借金の支払い自体はなくなる訳ではありませんが、大幅な借金の圧縮が期待できます。また将来的な金利もなくなります。

任意整理をするためには、一定の収入があって返済の目処が立っている人しか向いていません。官報には載らないため、第三者に知られる可能性も低いと言えます。

任意整理のメリット

  • 貸金業者からの督促がストップする
  • 将来の利息をカットしてもらえる
  • 過払い金があった場合、戻ってくる
  • 家族や職場にバレずに内緒で手続きできる
  • 職業制限や資格制限がない
  • 家や車などの財産を維持できる

任意整理のデメリット

  • 費用がかかる(1社3万円)
  • ブラックリストに登録される
  • クレジットカードを作ることができない
  • 新たに借金ができなくなる
  • 和解交渉なのでダメな時もある

ただ、中には任意整理に応じない金融業者もいます。あくまで交渉なのでこの場合は諦めるか、自己破産、個人再生の道を行くしか方法はありません。